センターは、定年退職者などの高年齢者に、そのライフスタイルに合わせた「臨時的かつ短期的又はその他の軽易な就業」を提供するともに、ボランティア活動をはじめとするさまざまな社会参加を通じて、高年齢者の健康で生きがいのある生活の実現と、地域社会の福祉の向上と、活性化に貢献しています。

センターでの働き方は「生きがいを得るための就業」を目的としていますので、一定した収入(配分金)の保障はありません。

センターは、地域の家庭や企業、公共団体などから請負・委任又は派遣契約により仕事を受注し、会員として登録した高年齢者の中から適任者を選んでその仕事を遂行します。

事業所の社員と混在して就業する仕事や、発注者の指揮命令を必要とする仕事などの場合は、一般労働者派遣事業や職業紹介事業をご活用いただきます。

センターは、「自主・自立、共働・共助」の理念に基づき、会員の総意と主体的な参画により運営する組織(社団法人が基本)です。

シルバー人材センターの目的
近年、高齢化社会の進展にともない、定年退職後等に常用雇用ではなくても、何らかの就業を通じて自己の労働能力を生かし、それによって追加的な収入を得るとともに、生きがいの充実や社会参加を希望する高齢者が増えてきています。

一方、経済社会の進展により地域に密着した臨時的、短期的な仕事の需要も増加しています。このような地域社会に密着した臨時的、短期的な色々な仕事を引き受け、高齢者に提供することにより、高齢者の就業機会の増大と福祉の増進を図るとともに、高齢者の経験と能力を生かした活力ある地域づくりに寄与していくものです。

組織
センターは、会員を構成員とする社団法人として組織されており、会員の総意によって運営される高齢者の自主的な団体です。
また、国・府・市の援助と指導を受けている営利を目的としない公益法人で、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」に基づき、昭和61年10月1日大阪府知事の指定を受け、平成24年3月に「公益社団法人」として認定を受けています。

        定時総会風景
定時総会風景

シルバー人材センターのしくみ